本文へスキップ

新潟大学大学院自然科学研究科・新潟大学工学部材料科学プログラム

研究内容Research


近年深刻な社会問題となっているエネルギー・環境問題では、化石燃料をエネルギー源としている社会システムにその根底がある。この問題を本質的に解決するためには、化石燃料に替わるクリーンな次世代エネルギー供給システムの開発が必要である。クリーンな光エネルギー変換デバイスとして植物の光合成に着目した。植物の光合成では、光機能(集光、光電荷分離)、電子機能(ベクトル電子伝達)、多電子触媒機能(水の酸化、二酸化炭素の還元)など様々な機能の集積により、光化学エネルギー変換が達成されている。当研究室では、エネルギー・環境問題を本質的に解決するために、光合成の精緻を極めた光化学エネルギー変換の分子基盤を手本に、高性能な光機能材料、電子機能材料および多電子触媒材料を合成し、それらを集積・融合することにより革新的な人工光合成系の構築に挑戦する。



主な年間スケジュール

3月上旬 新卒業研究生配属
3月下旬 日本化学会年会
電気化学会年会 
8月上旬 配位化合物の光化学討論会
8月中旬 博士前期課程入学者選抜試験
9月 電気化学討論会
光化学討論会
錯体討論会
2月上旬 卒業研究発表会
修士論文発表会

無機ナノ材料研究室

〒950-2181
新潟市西区五十嵐二の町8050